新型コロナウイルスへの措置

新型コロナウイルスへの対応・措置

≪新型コロナウイルスについて≫
特に20〜30代の感染が中心と報道にありますが、いずれにしても全国的な感染拡大が続いております。そこで学校への登校の基準を追加します。

  • 本人及び同居親族が新型コロナウイルス陽性と診断された場合、速やかに学校まで電話してください
  • 生徒の皆さんがPCR検査を受ける場合は、速やかに学校まで電話をしてください
  • 生徒の皆さんがPCR検査を受けた結果、新型コロナウイルス陰性だったとしても学校に連絡すると同時に、登校については保健所(またはそれに準ずる公的機関や医師)から指示を受けるようにしてください
  • 生徒の皆さんの濃厚接触者(またはそれに近い方)が新型コロナウイルス陽性と判定されたり、新型コロナウイルス感染の疑いでPCR検査を受けたりした場合、学校に連絡すると同時に、登校については保健所(またはそれに準ずる公的機関や医師)から指示を受けるようにしてください

 

新型コロナウイルス感染状況下の公欠について

息苦しさ・強いだるさ・高熱などの強い症状のいずれかがある方、もしくは発熱や風邪症状が見られた際は無理に登校せず、各自の判断で医者にかかるか自宅で療養し、症状が回復するか様子をみてください。また、同居親族など濃厚接触者に新型コロナウイルスの感染が疑われる場合は保健所等の指示に従ってください。

 

≪2020年10月1日より公欠とする基準は下記のとおりとします≫

  1. 当日の出席時間までに保護者から連絡があった場合
  2. 保護者から出席時間までに連絡出来ない場合、生徒本人が出席時間前までに連絡したうえで、改めて当日の17:30までに保護者から連絡があった場合

※当日の出席時間前に本人もしくは保護者からの欠席連絡がない場合には公欠とはしません

なお、21歳以上の生徒は従前どおり出席時間前の欠席連絡にて自己申告のみで公欠といたします

 

 

page top